中古トラックを購入したいなら見ておきたい相場

中古のトラックをネットで購入するには

中古トラックが急に必要になった場合、どんな風にどこで購入しますか。昔は、中古トラックを購入する時は、展示会場に足を運んだり、ディーラーに依頼して探してもらうのが多かったのですが、この方法では時間がとてもかかります。急ぎで購入したい人は、ネットで中古トラックを購入する方法もあります。今は昔と比べてネットで購入するのも注意点やネットで購入する方法をしっかり把握していればよい中古のトラックを手に入れることができます。
注意点は、遠方から車を購入する時はきちんとしたコミュニケーションが大切です。ネットなどで検討する時は、何枚も写真を見せてもらうようにしましょう。電話がメールで車の状態や条件などを詳しく聞き、必ずたくさんの情報を得るようにします。中古の車の保証を必ずきき、近くのディーラーで対応をしているかどうかの確認なども必ずしておきます。
他県への納車ができるかどうかの確認をし、陸送がかなりかかる場所もあるのでいくらぐらいか先に確認をしておきます。場所によっては納車できない地域もあります。ネットで中古のトラックを購入する時の検索方法には、販売店のホームページでさがす方法や大手の中古車ポータルサイトをみてさがす方法があります。

中古トラック販売の価格相場はいくら?

トラックとは貨物を積み、それを運ぶために作られた車であり、貨物自動車とも呼ばれています。トラックを仕入れるなら出来るだけ安く欲しいですよね。その場合は中古トラックを購入することが大半となるでしょうが、中古トラックの販売価格はどのくらいなのでしょうか?こういったトラックは長距離輸送に使われていることが多いため、中古車の場合は総じて走行距離が多いことが大半です。
例えば某大手のトラックの場合、新車では2000万円を超えてしまいます。しかし中古車ならば300万円~1000万円程で取引されています。ところがこういった中古車で安い車両は走行距離が非常に多くなっており、走行距離が少なくなるにつれて料金が高くなっていきます。特に走行距離が著しく少ない中古車は価格も1700万円程になってしまうものも存在しています。
またトラックの種類によっても料金が変わってきます。上述した大手のトラックの場合でも、「平ボディー」「ウイング車」「ユニック車(クレーン付トラック)」といった種類が存在しています。平ボディは荷台がフラットの汎用的なトラックとなっており、ウイング車は後ろの晩ボディの両側が開くタイプとなっています。ユニック車は言うまでもありませんよね。このようにトラックは走行距離やオプションでかなり価格が変わってしまうため、購入前に事前に販売価格を調べるようにしましょう。

新着記事リスト

2017年08月24日
中古トラックの販売が伸びていますを更新。
2017年08月24日
専門の中古トラック販売店がオススメを更新。
2017年08月24日
ニーズに合わせた中古トラックを購入しましょうを更新。
2017年08月24日
中古トラックを購入したいなら見ておきたい相場を更新。

カテゴリ

カレンダー

2018年2月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728